相田 みつを。 = 相田みつを美術館 Mitsuo Aida Museum =

[公式]オンラインショッピング:相田みつを美術館

みつを 相田 みつを 相田 みつを 相田

🙄 そしてなあ その時なんだよ 人間としての いのちの根が ふかくなるのは・・・・・ 何をやっても思うようにならない時 上にのびられない時に 根は育つんだから なみだであらわれるたびに まなこがふかくなり うれいがふかくなる なるべくなら うそのないほう がいい 慣れるな なれるな どんなことにも慣れるな 慣れると感動がなくなるか なやみは つきねんだなあ 生きているんだもの なんでもいいからさ 本気でやってごらん 本気でやればたのしいから 本気でやればつかれないから つかれてもつかれがさわやかだから なんでもいいんだともかく一生懸命やってみることだ いのちがけでやってみることだそうすれば 人間の不完全さがよくわかる 自分の至らなさが骨身に沁みてよくわかる 頭でなくてからだ全体でよくわかる なんにも欲しがらぬときが一番強い にんげん一番いやなことは じぶんがじぶんにうそをいうときだ 人間追いつめられて はじめて本音を吐く その時どんな本音を吐くか それが大事 人間はねぇ 自分よりも人のほうがよくなると おもしろくねんだなぁ 人間のわたし 人間はねぇ欲望のかたまりだな は~ほ 花を支える枝枝を支える幹幹を支える根根は見えねんだなあ 人から点数をつけられるために この世に生まれてきたのではないんだよ にんげんがさき点数があと 人里はなれた 谷間の白百合の花は 誰にも見てもらえないのですが 少しのかけ引きもなく 精一杯の美しさで咲いています 人の為と書いて偽りと読むんだよなー ふっても てっても 日日是好日 泣いてもわらっても きょうが一番いい日 わたしの一生の中の 大事な一日だから 筆を持つのはおそろしい 筆は正直で、書いた人の人間が 全部出てしまうから ほんとうのことがいちばんいい ボロは初めに見せておけ そうすればいつでも天下泰平だ。

1

相田みつを

みつを 相田 みつを 相田 みつを 相田

⌛ 努力というものも目指すべき理想が実現不可能なものであればいくら努力しても辿り着くことはできない。

2

= 相田みつを美術館 Mitsuo Aida Museum =

みつを 相田 みつを 相田 みつを 相田

☢ 」 「無理があるのは、承知で」 有𠮷:「相田は?」 「相田は、そういう技術論じゃないんだよな」 「不器用だけど、いやあ入ってくるなぁ」 「やっぱ、相田ってそうだよな」 「ちょっとやっぱり、小細工始まっちゃってるよね」 「『相田、終わってない?』って言われないこれ」 バカリズム:「がっはっはっは」 mc:「相田みつをさんだった時が」 有𠮷:「それがずるいのよ」 「これはでもねぇ、小賢しいよ」 「もうこれ、誤解を恐れずいうと、やり方が」 ジャッジ 有𠮷:「当然バカリズム」 「小賢しさと素朴さを同居させてしまったよ、おまえは」 バカリズム:「がっはっはっは」 「なるほど」 「相田には素朴さしかないと」 有𠮷:(頷きながら)「相田には素朴さしかない」 バカリズム「正解は、『バカリ』」 「くっそー」 有𠮷の勝ち! ダマし失敗 バカリズム:「完全に読まれました」 有𠮷:「なんか今日良いかも」 「全部潰したいです」 「やっぱね、うまいはうまいよ」 泥水で育っても 花は きれいに咲くん だよなあ 有𠮷:「だよなあか」 「結構、ストレート」 「ジャブ打って来ない」 「だよなあね」 「これは素朴ですよ」 「まあ、相田だなっていう」 「パッと見れば、ああ相田ですね」 「俺ぐらいになれば、ああ相田ですね」 (有𠮷考えながら)「きれいに咲くんだなあ!?」 「だよなあ」 「ここなんですよ」 「相田は、『だなあ』はシンプル過ぎるなって思ったんだよね」 バカリズム:「ふっふっふっふっふっふ」 有𠮷:「だから、『だよなあ』にしたんだよね」 「泥水で育っても花はきれいに咲くんだよなあ」 「果たして、本当にそうか?」 「本当にそれを人に照らし合わせた時に 生まれた場所とか環境とかが本当に酷い状況だったら 本当に素直にまっすぐ育つかな?」 会場:「おおおおおおお!」(感心) 有𠮷:「これはね、メッセージがない」 「軽い」 「相田にしては軽い」 ジャッジ 有𠮷:「バカリズムだろ」 会場:「おおおおおおおお!」(感心) 有𠮷:「相田の解釈を間違えてる」 バカリズム:大爆笑 有𠮷:「相田の訳がない」 バカリズム「正解は、『バカリ』」 有𠮷の勝ち! ダマし失敗 有𠮷:「いいぞ」 バカリズム:「だめかこれ、いけると思ったんだけどなー」 有𠮷の解釈が、本当に合ってるのか?間違っているのかはわかりません。 自分のいのちは、父と母、そしてその先の数えきれない人たちからの、いのちのバトンを受け継いでいる……。

13

自分の番 いのちのバトン(相田みつを)

みつを 相田 みつを 相田 みつを 相田

🤘 『自分の番 いのちのバトン』相田みつを 父と母で二人 父と母の両親で四人 そのまた両親で八人 こうしてかぞえてゆくと 十代前で千二十四人 二十代前では---? なんと百万人を越すんです 過去無量の いのちのバトンを受けついで いまここに 自分の番を生きている それが あなたのいのちです それがわたしの いのちです 〔参考文献〕遺稿集『いちずに一本道いちずに一ッ事』を中心に、『生きていてよかった』『にんげんだもの』など作品集。 私は、こんな嬉しい言葉を聞いたことがありませんでした」。

19

相田みつを 名言まとめ「にんげんだもの」。元気をくれる言葉たち

みつを 相田 みつを 相田 みつを 相田

🤩 そして---いざという時の自分の弱さとだらしなさがよくよくわかってきました。 風の日には風の中を、風と一緒に生きてゆく、という意味です。 あいが始まると最後はわをんと泣くんだなあ あいが始まると 最後はわをんと 泣くんだなあ 有𠮷:「だなあ系ね」 「だなあか~」 「まあ、ポイントは『わをん』だよね」 「『わをん』なんて泣かないもんね」 「ぱっと見た時に、あっ!いいなぁと思うのが相田だから」 バカリズム:「相田って」 有𠮷:「うっ!て思っちゃうと、相田は相田じゃない」 バカリズム:「多少無理があるなと思いながらも、『あい」と『わをん』で 終わることに重きがありますよね。

1

言葉と人生 相田みつを

みつを 相田 みつを 相田 みつを 相田

😋 この他、インターネット上を中心に相田の詩を真似たパロディ作品も多数登場している。 『相田みつをひとり語り 第1集 いまここ』 ダイヤモンド社、1990年。

16

相田みつを 名言まとめ「にんげんだもの」。元気をくれる言葉たち

みつを 相田 みつを 相田 みつを 相田

😍 詩人・書家として知られる相田みつをは、1924年5月20日に栃木県足利市で生まれた。

19

相田みつをの詩|心に響く言葉・やる気が出る名言

みつを 相田 みつを 相田 みつを 相田

💋 そう思うと、少し楽になる。

8

[公式]オンラインショッピング:相田みつを美術館

みつを 相田 みつを 相田 みつを 相田

👣 田中聡 2009年3月25日. 私は今日まで、あんちゃんたちに守られて、こういう人生を生かしてもらってきたのです」。 2001年9月28日• 悩みに答えを見出すのでなく、その悩みすら問題として扱わなくなることが解決のひとつ。 何かに夢中になっている時間こそが幸せであると語る相田みつをは自身の詩作に没頭している時間が幸せだったのだろうなと自分の充実感について考える機会をくれる名言。

5